So-net無料ブログ作成

バラムツは危険!?いったいどういうこと? [ニュース]

 baramutu.jpg

探偵ナイトスクープで話題になっている超危険な魚「バラムツ」。食べたらヤバイそうです。

 

 

『バラムツ』という深海魚は、いったいどんな魚なのだろうか。


味としては絶品で、濃厚な味をしている魚ということなのだけど、

問題点はこの魚の油脂成分のほとんどは、

人間の体の中では消化することができない

ワックスエステル(いわゆる「蝋」)からできていることです。

 

 

 

ですから、いっぱい食べてしまうと、

皮脂漏症(皮膚から油が漏れる病気)を起こしたり、

消化されなかった油脂が肛門からそのまま漏れ出す、

もしくは下痢や腹痛を起こす危険があるのです

最悪の場合、昏睡状態になるなどの症例も報告されているようなのです。

 

 

 

 

油脂が肛門から出る時、便意などは全く感じず、

そのまま垂れ流す状態だという・・・恐ろしい・・・

 
 
 d6b680e2.jpg

これを食べた人の話によると・・・
 
「この魚の味を一言で表現するなら「濃厚」。噛みしめるごとに肉汁と脂が染み出す。
 
バラムツの英名は「オイルフィッシュ」というのだが、食べてみるとそう命名した理由がよくわかる。
 
「脂のノリ」は魚の味を表すのに重要だが、これは脂が乗っているなんてもんじゃない。
 
もはや脂に肉が乗っているといった感じ。
 
旬のサバやサンマすらも目じゃないほどの脂ノリノリっぷりだ。
 
だがそれでいてしつこくない。生臭さも一切ないし食べやすい。」
 
とのことです・・・ 
 
 
 
 
 
 
少しなら大丈夫という声があるのですが・・・
 
やっぱり怖い・・・ 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。